カードローンの申込するときの注意点!審査落ちにならないよう対策しましょう

カードローンを利用するには審査に通る必要があります。

想像してみると分かると思いますが、

「いつもお金を借りるが中々返してくれない人」と「お金を借りたらきっちり返して利息も払ってくれる人」のどちらならお金を貸しても良いと思いますか?

当然、きっちり返済してくれる人になら貸しても良いと思いますよね。しかも利息も払ってくれる人ならなおさらです。

つまりお金を貸してもいいか判断するためにおこなうのが審査です。

でも「審査に通らなかったらどうしよう…」と悩む必要はありません。

・申し込むことができる安全な金融機関を選ぶ
・自分が借りれる金額を把握しておく
・毎月の返済額を返済シミュレーションで事前に確認

主にこの3点を気を付ければ大丈夫です。

自分が申し込める金融機関を確認しましょう

初めてカードローンを利用しようと考えてる人はは「本当に利用できるのか?」という不安がありますよね。

審査の結果は、実際に申込をしないと分かりませんが、少なくとも“自分が申し込める”金融機関を選びましょう。

消費者金融には総量規制という法律を守る必要があり、カードローンの利用希望者は年収の1/3以上のお金を貸金業者から借りることができません。

そのため希望金額が自分の年収の1/3以上なのに、消費者金融へカードローンの申し込みをすると審査落ちになってしまいます。

もし希望金額が自分の年収の1/3を超えている場合は、銀行が提供しているカードローンを選ぶようにしましょう。

自分が借りれる金額を知っておく

さきほども解説しましたが、総量規制の影響がある消費者金融では、年収の3分の1を超える融資はできません。

逆に自分の年収の1/3以下の金額を希望する場合は、消費者金融に申込することもできるので、自分が借りれる金額は事前にしっかり把握しておきましょう。

ちなみに年収とは、一般的に社会保険料や源泉所得税、その他の控除(住民税や積立金など)が引かれる前の「総支給額」を指します。

「手取り額」を指しているわけではないので注意しましょう。

「総支給額」の確認方法は、源泉徴収票の「支給額」欄に書かれています。

どこの会社でも年末に源泉徴収票は必ず作成されますので、自分の年収がわからないという人は確認しておきましょう。

※カードローンの希望額が年収の1/3を超えているときは、銀行カードローンから選ぶのがポイントになります

毎月の返済額は返済シミュレーション使って確認

ここまでで、自分が申し込める場所はどこか、

そして申込できるかどうかはカードローンの利用金額が年収の1/3のラインを超えてるかいないかで判断するということをお伝えしてきました。

最後は、毎月の返済額を事前に確認して返済の不安を解消することが重要です。

毎月の返済額の計算は消費者金融などのホームページに用意されている「返済シミュレーション」を使うのが一番便利です。

返済シミュレーションは、自分が希望する返済期間や返済額、借入額などを入力すると、「どのような返済になるか?」を表示してくれます。

カードローンが怖い・危ないと言われるのは、無計画にカードローンでお金を借りてしまい、その後の返済に困ってしまったという事実があるからです。

ここで知っておきたいのが、「無計画」という部分です。返せる見込みがないのに、借りてしまうと当然返済が難しくなってきます。

しかし、「毎月これくらいの支払いをして、それを何か月(もしくは何年)すればいいのか」を知っておけば、返済できなくなるといった事態にはなりにくいですよね。

なので、返済シミュレーションを使って無理がある借り入れとならないように、しっかり確認しておきましょう。

コメント