カードローン申込前の重要ポイント!利息・金利について

カードローンには金利が設定されています。

この「金利」は「利息」とも呼ばれ、借りたお金のうちの何パーセントかを上乗せして返済する分のお金です。

簡単言うと手数料みたいなものですね。

カードローンも会社ですので、貸した分だけ返済としていては商売になりませんから、この金利を設定しています。

カードローンの金利はどんな風に設定されるか

カードローンの金利は「年率4.5%~17.8%」のように、上限と下限が業者ごとに決められています。

では「自分には、何%の金利が設定されるのか?」ですが、

基本的には、最も高い上限金利で決まることが多いです。

もちろん審査の結果が分かるまでは、「自分の年率」が分かりません。

しかし、上限金利となることを前提に利用を検討しておくのがベストです。

金利が低くなるのはどんなときか

最初に答えを言ってしまうと、カードローンの金利は、高額融資になるほど下がっていきます。

まず前提として、カードローンの金利は借入限度額で決まります。

借入限度額は、 審査の結果申込した人が借りれる限界の金額のことです。

この限度額が高ければ高いほど金利は低くなります。

そしてカードローン会社ごとに借入限度額の上限を設定しているので、その上限近くまで借りれる人ほど金利が低い状態でお金を借りることができます。

しかし、基本的に借入限度額は、総量規制によって年収の1/3を超えませんので、金利が安く感じるほど多く借りれる人はほとんどいません。

その点はしっかり理解しておきましょう。

初めて借りる場合の金利はどうなることが多いか

初めての方は借入限度額は低めに設定されるので、ほとんどの人が最大金利の適応となります。

宣伝などですごく金利が低そうに見えるカードローンでも、実際は最大金利からスタートなることがほとんどです。

なので「以外と金利が高かった…。」とならないように理解しておきましょう。

また、50万円以下の少ない金額を希望している方も上限金利になっていることがほとんどです。

審査の結果によっては、最大金利よりも低くく決まることもありますが、あまり期待しない方がいいでしょう。

カードローン会社によって設定されている金利が違う

例えばプロミスは「年率4.5%~17.8%」、アコムは「年率3.0%~18.0%」のように会社ごとに設定されている年率が違いますよね。

特に銀行カードローンは、「年率4.0%~14.5%(三井住友銀行カードローン)」なので比較するとこちらのほうが低いです。

一般的に消費者金融よりも銀行カードローンの方が、最大金利が低めに設定されているのは事実ですが、金利が低いということは、それだけ金融機関がリスクを背負ってるということです。

つまり「最大金利が低い」=「審査基準が厳しい」と考えられます。

審査基準が厳しいがために、カードローンが利用できなかったら意味がないので、

利用できるかどうかが不安な方は、金利が少し高めに設定されている消費者金融を選ぶのをおすすめします。

実際に払う金利の額(=利息額)を計算するには?

金利について、金利の決定のされ方について紹介してきましたが、

具体的に借りる金額によって「支払う利息がいくら違うのか?」はイメージしにくいと思います。

その利息を具体的に表示してくれるのが、カードローン会社の返済シミュレーションです。

これによって金利の違いによる利息額の違いを確認することができます。

使い方は簡単で、希望している金額と返済期間、毎月の返済額を入力すれば、金利ごとの利息額を表示してくれます。

また、返済シミュレーションは無料で利用できますので、カードローンの申込み前に必ず活用するようにしましょう。

コメント