カードローンの利用限度額はどうやって決まる?増額についても少しご紹介

利用限度額は借入限度額とも呼ばれますが、要するにカードローンの審査に通った場合、「いくらまでお金を借りることができるのか」ということです。

特に初めてカードローンの利用を考えてる方は、『自分はいくらまで借りれるんだろう?』と思いますよね。

このカードローンの限度額は、年収や状況によって変わってきます。

今回はそんな利用限度額の決まりかたをお伝えするので、初めて申し込みを考えてる方はぜひ参考にしてください。

利用限度額の決まり方

各カードローン会社や銀行カードローンを見てみると、「最大800万までの融資可能」「限度額500万円」など、かなり大きな金額まで借りれるように見えます。

しかし、これらはあくまで最大の限度額です。

誰でも500万や800万円を借りれるわけではないので、勘違いしないようにしましょう。

消費者金融の場合

基本的に、消費者金融は年収の1/3までの金額が最大の利用限度額として設定されます。

これは総量規制という法律によって、「限度額はお金を借りる人の年収の1/3まで」と決まっているからです。

例えば、年収300万円の人は、どんなに審査の結果が良くても100万円が利用限度額となります。

ただし、審査の結果によっては年収の1/3まで借りれない可能性もあるので注意しましょう!

銀行カードローンの場合

銀行カードローンは、総量規制の影響を受けません。

なので、年収の1/3以上のお金を借りることが可能になります。

しかし、返済できそうにない人に高額融資をすることはありません。銀行側もお金を貸す相手は慎重に選びます。

なので、総量規制の影響を受けないからといって、返せる見込みがないのに年収の1/3以上のお金を希望金額として申込しても、その通りには借りれません。

審査の結果によっては借りれる金額が年収の1/3より低くなる可能性もあるので、その点は理解しておきましょう。

はじめての人の場合の限度額はいくらになるのか

消費者金融であろうが、銀行カードローンであろうが、カードローンの利用が初めての人には限度額が低く設定されることがほとんどです。

審査の結果次第なので、確実に言えるわけではありませんが、

年収300万円の人の場合、年収の1/3である100万円が限度額になりますが、実際は50万円以下になる可能性が高いです。

審査する側からすれば、初回から限度額いっぱいの金額を希望すると「よほどお金に困っているのではないか?」「返せる能力は本当にあるのか」と思われ、審査に落ちることがあります。

こういった理由から、初回は借りたい金額を小さめにしておくがオススメです。

カードローン利用中に限度額を増やしたいとき

カードローン利用中に限度額を増やしたいと思ったら、基本は別会社のカードローンの利用を検討しましょう。

利用中のカードローンの増額審査を受けることもできますが、いくつかリスクが考えられます。

増額審査というのは、最初から審査を受けなおすことになるので、審査結果によっては今よりも少ない利用限度額額となる可能性があるためです。

別カードローンの利用なら、最低限、現在のカードローンの限度額が維持できます。

ただし、信用情報に問題がある方や、年収の3分の1以上借入している人は、別のカードローン会社の申込であっても審査に落ちてしまうので注意しましょう。

それ以外の人であれば、カードが2枚になるというデメリットはありますが、少額なら借入できる可能性があります。

新たに借りるのにおすすめのカードローン

増額ではなく、新規申込をする際のおすすめカードローンは以下の通りです!

お急ぎの方のために、お金を借りれるまでの融資スピードの速さ順に紹介いたします。

コメント