キャッシング・カードローンって怖いもの?安全に借りるためのポイントも紹介

「カードローンは怖い・危ない!」と周りから言われることが多いと思います。

しかし、なんで怖いや危ないとされるのか理由を教えてもらったことはありますか?

実は「無担保無保証借入の残高がある者の借入件数毎登録状況」によると「約1000万人」がカードローン(キャッシング)が利用しているようです。

各種統計データ|日本信用情報機構(JICC)指定信用情報機関
http://www.jicc.co.jp/vcms_lf/touroku1.pdf [PDF]

複数社の借りている方もいますが、日本の成人人口が約1億人なので、約10人に1人は利用している計算になります。

正しいお金を知識を持っていれば、返済できないといった状況にならず、良いツールとして活用できるので、怖いとか危ないといった感覚はそもそも違うということが分かります。

ただし、カードローンを利用して返済不能となってしまうケースがあるのも事実です。

利用するにあたっての注意点については、事前にしっかり確認しておきましょう!

安全なカードローン会社を選ぶためのポイントは?

「安全な業者」と契約することがトラブルを避けるためのポイントになります。

簡単に借りれそう・審査が甘そうだから、という理由で登録貸金業者に載っていない業者と契約すると、トラブルに巻き込まれる危険性が高くなります。

借入する際は、金融庁が提供する「登録貸金業者情報検索サービス」を利用して事前に調べておきましょう。

プロミス・SMBCモビットのような大手の消費者金融、もしくは銀行が提供しているカードローンを選ぶのがおすすめです。

また、優良なカードローン会社には、国家資格の貸金業務取扱主任者が在籍しているので、いつでもお金の相談ができます。

返済シミュレーションで借りすぎを防止

お金の借りすぎによる破産を防止するためには、返済シミュレーションを活用しましょう。

返済シミュレーションは、さまざまな条件に応じた返済計画が確認できるツールです。

プロミスやアコムの公式サイトで提供されていますので、カードローンの申込をする前に自分の返済計画を確認することを強くオススメします。

返済の目途を把握しておくのもお金を借りる上で必要な準備です。

コメント